●オーガニックコットン オーガニックヘンプ 手紡ぎ・手織り さをり織り アンティークリネン 正絹組紐などオーガニック製品を中心としたウェブショップ●earthi.shop.店長の日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by earthi.
 
[スポンサー広告
ショップ運営休業のお知らせ
ご無沙汰しています。

6月になり天候が日々変わる季節で、体調も崩しやすいときですが
皆様お変わりありませんでしょうか?

さて、私事になるのですが、今少しづつ勉強していることがあり、
もう少し真剣に取り組もうと思っているので
しばらく、ショップ運営のほうはお休みさせていただくことにしました。
また全然違う分野の勉強で初めてのことでなかなか頭に入らなく
先に進めないのですが、ここで区切りをつける為、決断しました。
そしてこの場で宣言させていただくことで自分に気合を入れます!!
・・・といっても子供たちのこともあり、午前中くらいしか集中してできる時がなく、
わずかな時間で少しづつしか進まないので、何年かかるのか、、??ですが、
地道に頑張ってみようと思います。。

勝手なことで大変申し訳ありませんが、
ご理解いただければと思います。
次に再開させていただく際はまたあらためてご連絡させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
Posted by earthi.
comment:0   trackback:0
[ショップ連絡事項
販売終了商品のお知らせ
当店が扱っていました

・正絹組紐シリーズの商品
・さをり織りの商品

は、2016年を持って販売を終了させていただくことにしました。

正絹ストラップやブレスレット、チョーカー等は
ちょっとしたアクセントに、また厄除けに、という事で
たくさんのご注文をいただきました。
また、さをり織りは織り子さんによる感性で織られた独特の魅力があります。
それぞれ作家さんの手作りで他に一つとして同じものがない
世界にたった一つの貴重な商品ばかりでした。
手に取っていただいた方々にはその良さを
感じていただけたのではないかなと思っています。
私もこうして素敵な商品と出会えたこと
作家さんと出会えたこと
とても感謝しています。

この場をかりて作家さん、お買い上げいただいたお客様に
お礼申し上げたいと思います。
今までありがとうございました。

手作りの商品、そこに込められた思いやストーリーを考えると
一つ一つが愛おしくなります。
今後もその様な商品を扱っていけたらと思っています。


これからも変わらずどうぞよろしくお願いいたします。

Posted by earthi.
comment:0   trackback:0
[ショップ連絡事項
2017年もどうぞよろしくお願いいたします。
2017年
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さてさて、年も明け、落ち着いた頃に大雪になりましたが
皆さんはどのようにお過ごしでしょうか?

こんなに雪が積もったのは久しぶりです。
子供のころは毎年のように滑り台、かまくらを作っていたくらい多かったんですが、
年々それほど積もらなくなってきていて、今年は久しぶりに思う存分
子供たちも雪で遊んでいます。
今まで降らなかった分、一気に来たんでしょうか?
降らなさすぎやったのでよかったんですが、多すぎるとまた大変です。
ここ数日雪かきで体のあちこちが筋肉痛に。。
お年寄りの方々、一人暮らしの方、雪が多い地域
本当に大変やと思います。
この時期だけとはいえ、地域での協力体制が大事やと感じました。

週末にはまた雪が降るそうです。
ほどほどにお願いします。。。

さて、今年の目標
・勉強
・健康
・老い防止。。。苦笑
といったところでしょうか。

詳しくは避けますが。。。
一年一年、一日一日前向きに生きられるように
楽しく過ごせたらと思います。






Posted by earthi.
comment:0   trackback:0
[日々
1周忌の法要 パート1
9月27日で父がなくなって1年がたちました。
秋分の日に1年の法要を終え、9月26日の夜に命日の法事も無事すみました。

1年間、振り返ってみると、まだあまり実感もないというのが本当のところでしょうか。
いなくなったことでごろっと生活が変わり、それなりに今の生活にも慣れてきたんですが、
やはり自分が生まれてきてからずっと親と一緒に生活してきて
いてるのが当たり前だったのでまだどこかにいてるような気分になります。

私は今は帰化したので戸籍上は日本人ですが元は?血は?韓国人です。
在日三世になります。
おじいちゃん、おばあちゃんが日本にわたってきてから
両親もずっと日本に住んでいます。
十数年ほど前に家族全員日本国籍に帰化しました。

法事といえば韓国式の法事をいつもしてきていたので
日本の法事というのがどういうものかよくわかっていませんでした。
今もよくわかってないか。。。
でも祖父の代からこの地でお世話になっているので、
ここのやり方?というのも少し取り入れている形です。
一応浄土真宗になります。
父が亡くなり、父も生前からもう簡略化していったらいい、という事を話していましたが
今後どのようにしていこうか家族でも話し合い、
日本式のやり方も取り入れ、韓国式は少し簡略化していこうという事になりました。
決まった周忌にはお寺に行って法要をします。
それとは別で正月、お盆、各々の命日(本来はさかのぼって三代先祖までとか??)
には韓国式の法事を行います。
お寺で法要する年は命日の法事はしない。
正月、お盆はできるだけ簡単に。

韓国式の法事というのはとても独特で、
その地域や家々によってやり方は様々なようですが、
うちも正式な形ではないと思いますが、一応基本的な要素は取り入れてる感じでしょうか?
机の上に銀食器にごはんと汁物(人数分)、野菜のナムル、肉、魚、もち、チヂミ、
果物、お菓子等決まった数を並べます。(奇数分)
ろうそくを灯しお線香を立てるところから始まり、まずは始まりのあいさつ。
手を組みお辞儀をします。立ったり座ったりを二回。
お酒を飲む人にはお酒を注ぎ、お箸でおかずをつまめるようにおかずのお皿に乗せる。
それを人数分。
我が家は今回から祖父、祖母2人、そして父の4人分になります。
お酒の後はご飯と汁物を持ってくる。
違うおかずの上にお箸をのせかえ、お辞儀。
ご飯が終われば次はお水。(お茶の代わり)
違うおかずにはしをおき、お辞儀。
最後にお辞儀。

・・・なんか足らない・・・???
お辞儀は途中4回くらいしていたと思う。。
どのタイミングか、はっきり忘れました!

基本的には男性のみがこの儀式をして、女性は別室で見ているだけか
お料理の用意のみしているというのが普通だそうです。
我が家は一応女性も後ろの部屋で見ています。
お辞儀のみ一緒にします。(これは珍しいのかな。我が家流なんでしょう。。)
そしてなぜか男性は一回のお辞儀で2回立ったり座ったり。女性は4回立ったり座ったり、
という分け方も。
私も見ているだけなので何回もやってるはずなんですが
よくわかってないのです。。

大体はこんな感じです。

書き出すと長くなって。。。。
続きはまたにします!!

Posted by earthi.
comment:0   trackback:0
[日々
”工藝の庭” に参加して
9月3、4日に上の娘が通っていた旧広瀬小学校でイベント
”工藝の庭”が開催されました。

旦那もスタッフとして関わっていて
当日人が集まるのか私も不安でしたが、
初日、3時頃に行くと、たくさんの車が止まっていて
外にも中にもたくさんの人が!!
2日目もお昼過ぎに行きましたが沢山の方が来られていました!

あまりたくさんの情報を入れずに行ってみようと思っていたので
(客観的にみたかったので。。単に旦那さんとの会話不足!?笑)
よく内容をわかっていなかったのですが、
出展されていた作家さんの内容がとてもよくて、
クオリティーが高い作品がたくさんあった気がします。

高島の作家さんだけではなく、滋賀県内の作家さん、
または高島に?移住を考えておられる他県の作家さんの出店という事で
これまで高島であった作家さんのイベントとは少し違う空気感で
しかも廃校で、という初めての感じに見ていてウキウキしました。
(商品は子供がいたのでゆっくりみれなかったのが残念。。。泣)
学校ならではの放送室を使ったラジオも魅力的でした。
(これまた内容はちゃんと聞けなくて残念。。。)

広瀬小学校の跡地利用をどうするかという「跡地検討委員会」が発足しているのですが、
まだ内容は確定していないようです。
でも、今回のようなイベント、とても素敵なことやと思いました。
学校は廃校になって半年くらいなのでまだまだ生徒が通っているかのような空気感でしたが
学区内の人にとっては廃校になって寂しい感じがあると思うのです。
でもこうしてたくさんの人が集まってまた活気がついて
学校も近くの方たちも嬉しいんじゃないかな、と感じました。

娘も2年間だけでしたが、久しぶりの学校が懐かしいようではしゃいでました。
隣町に引っ越したので、半年ぶり?に同じ学校に通っていた友達にも会えて
時間が戻ったように校庭で楽しそうに遊んでました。

129年という長い歴史がある広瀬小学校。
その長い時間、子供たちがあそこに集まっていたのにそれが廃校になるという事は
そこに通っていた人たちや近くにお住まいの方にとってはとても感慨深いことで
廃校になるまでにも様々な経緯がありました。
安易なことではなく、安易にしてはいけない事やとやっぱり改めて感じました。
地域にとっての学校という存在はとても大きいと思うのです。

廃校になった学校と作家さんとのコラボ。
作家さんの出店だけではなく、地域に移住者を呼びかけるブースもあったり、
地域を支えてきたおばちゃんたちのおいしい食事やお茶の提供もあったり
過疎化しつつある地域に今回のイベントの内容に大きな意味がある気がしました。
工芸作家さんたちにとっても刺激のある場所だったんではないでしょうか。

3日の夜にはナイトガーデンパーティーが行われ、子連れで参加しました。
おいしいサンド(?サンドにはならないくらい沢山の種類をのせてもらいました!笑
他の人はどうやったんかな・・・?苦笑)
とダンスと音楽!!
ダンスがまたすごかった!!!
子供も私も釘づけになってみてました。
3歳の娘は人間に思えなかったのか怖がってましたが
後半は盛り上がってる中、いつのまにか寝てしまってました。
違う次元で生きてるようです。笑

子供も私もとっても刺激のある、楽しい2日間でした。

主催者の方々、本当にお疲れ様でした~~~!!!


P.S その日は違う場所でもたくさんのイベントがあり、どれも素敵なイベントのようでした。
   滋賀県内でたくさんの素敵なイベントが行われているってほんといいな~~と。
   それぞれにいろんなテーマがあり、琵琶湖を囲んでぐるっと滋賀が一つになって。。
   日本が一つになって。。 こういう楽しい繋がりがずっと続くといいなぁ~~
   


Posted by earthi.
comment:0   trackback:0
[日々
| HOME | next
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。